法律を学んで弁護士となり個人事務所を開設するまでの道のり

法律を学ぶ人の多くは、法曹界で活躍することを目標としていることと思われます。
大学やロースクールなどで法律を学んだ人の多くは、司法試験に挑戦しています。
司法試験は以前と比べると合格しやすくなったといわれていますが、それでも狭き門であることに変わりはありません。
晴れて司法試験に合格できれば、そこから司法研修を受けることになります。
司法研修を修了したのちに、法曹界の中でどの方面に進みたいかを決定します。
すなわち、裁判官になるか、検事になるか、それとも弁護士になって個人事務所を持つかということです。
弁護士として個人事務所を持つには、多くの場合まず先輩の弁護士事務所でイソ弁として経験を積みます。
弁護士という資格を持ったからといって即実際の法廷で活動できるだけの技量を持っているとはいえないためです。
先輩の弁護士の事務所で仕事をこなしながら勉強を重ね、もう一人でも大丈夫ということになれば独立して個人事務所を開設する運びとなります。

sabu用置換

sabu用置換